マンガで読み解くAST気功

AST気功は医学の父ヒポクラテスに遡る?

かの医学の父、ヒポクラテスは人間の体にはもともと健康に戻そうとする自然の力があると述べています。
彼はそれまでの魔術や宗教儀式を否定し、医術についてのあらゆる知識を得ることを重要視しました。そしてマッサージのような手で触れる技術を推進したのです。

それは「病んでいるところに手を当てると、あたかもその手に不思議な力が宿り、その力が痛みや不純物を引きずり出しはがしとっているかのようだった」と言われています。

我々人間には体外と体内に気が巡っています。
AST気功はそれらの気のエネルギーを強くして病んだ箇所に放出します。
この強力なエネルギーは患部の自然治癒を高めます。
そして病気の原因である気の痛みや気の老廃物などを体外へ取り出して、その箇所の治癒を図るのです。
AST気功はまさにヒポクラテスが言う本来備わっている自然の治癒力を高めることです。

365日のASTライフ(1)腰痛編