当AST大阪気功センターでは次のようにAST気功を受けて頂いています。

(1)まずはお電話で希望施療日の日時をご予約

(2)初回日

【1】現在お困りの症状や気功施療を受けたい箇所についてお話ください。
記載可能な範囲で現在の状況を問診票に記載していただきます。
その際病院で受けられた検査データーなどお持ちの方はぜひご持参ください。

【2】問診票と(検査データーなどがあればそれも併せて)を基に、当大阪気功センターで対応できることをご説明します。
【3】施療を開始

施療を受けられる方は⇒

服のままベッドの上で寝ていただきます。
施療を受けられる方は気功師の気を意識する必要はありません。からだ を動かす必要もありません。AST気功は、症状のある箇所を撫でるような形で気を掛けるスタイルです。施療が進むにつれてリラッスしていただくことができると思います。途中、眠気が起きてきても、そのまま眠っていただければ大丈夫です。

 

気功師は⇒

気功師が、症状のある箇所の上に施療用の白い布を服の上に置きます。
白い布の上から軽く撫でながら症状のある箇所にあるマイナスの気を取り除いていきます。また頭頂からも気を掛けていきます。この施療は、気功師が力を入れることはありませんので、安心で安全です。

気功施療終了後

施療後は活動的に行動することを控えてください。
からだにプラスの気(からだを活性化させる気)が馴染んでいくためにゆっくりされることをお薦めします。その日お風呂に入っていただくのは大丈夫です。また、非常に敏感な方は、施療後しばらくしてから、からだに違和感を感じる場合があります。それはプラスの気がからだに作用しようとしている反応です。悪くなった反応ではありません。一晩ゆっくり休めば違和感は取れていきます。

気功を受けられる時のご注意

頭部の施療や頸部から耳、目などの顔面の施療をすることもありますので、マイタオルをご持参お願いいたします。
女性の方は口紅をお控えください。
体調の悪い方がお越しなので、刺激のある香り系の類い、香水、整髪剤などは施療に妨げになりますので、お控えください。

初回以降からのAST気功の受け方

AST大阪気功センターでは、次のようにAST気功を利用していただいております。

(1)試しの施療

AST気功をまったく初めてで、とりあえず一度受けてみたいという場合、
お薦め回数は週に1回をまずは続けて3回です。もちろん、とりあえず施療1回を体験したいという方でも大丈夫です。
施療を続けて3回受けていただくことをお薦めする理由は、AST気功がご自身に合っているかどうかがの判断をしていただくためです。施療後症状が楽になるといったことだけでなく、よく眠れるようになったとか、頭がすっきりするとか、からだが軽くなったとか、のような良好効果があります。  気功師の方も、患者さんの症状に対して、3回続けて受けていただくと、痛みや症状の程度などをより把握しやすくなります。ASTの気を掛けやすくなり、その状態に応じてより的確に気功を行なうことができるようになります。

(2)週に1回のペースで一定期間続けて受ける

一番スタンダードな受け方です。
分かりやすいのは病院で定期的な検査を受けられるような方です。例えば、腎臓病や糖尿病など定期検査で、検査日から次の検査日までの間、通常は3ヶ月間くらい、あるいは半年間続けて気功施療を受けて、病院の検査で変化を見るという形となります。

(3)2週に1回~3週に1回

症状が落ち着いてこられた方が間隔を離して、AST気功を継続する形です。
AST気功を受け始めて病院の検査データーがよくなった方や、慢性的な不定愁訴が少し穏やかになってきた場合、それを維持・向上するために施療間隔を少し離して続けるという形です。

(4)月に1回受ける、あるいは不定期に受ける

月に1回リフレッシュしたい方、あるいは全身疲労で疲れがなかなか取れないという場合に、1回集中コースの90分の施療を受けるという形です。