AST(エイエスティ)大阪気功センターは 、“からだのケア”を目標にした気功院です。

ベニバスモモ

私達は夫婦で、当気功センターを開院してから早や20数年になります。
今までさまざまな症状や病気で苦しんでいる患者さんたちと向き合ってきました。
ガン末期の方やがん再発予防の方、原因不明の症状の方、リウマチ、膠原病、骨髄異形成症候群、糖尿病、腎不全、腰痛、膝痛、椎間板ヘルニアなどの整形疾患、うつ病、不定愁訴で苦しんでおられる方などなど。

AST気功でうまく患者さんの辛い症状を緩和させることもあります。
さまざまな症状に寄り添うことで、患者さん自らが立ち上がり、社会にもう一度出ていかれた方もいます。
AST気功と家族のケアを通して、大切な家族やパートナーを安らかに見送られた方もいます。

その多くの貴重な出会いから、患者さんが“病気”や“症状”から“健康”に向かうために私達ができることは“施療”という狭義の枠だけではなく、“からだのトータルなケア”をお手伝いすることではないかと日々思うようになりました。

AST大阪気功センターの3つの理念

モクレン

1.「気」だからこそできるケアの形があります。
私達が使う“AST(エイエスティ)の気”は、患者さんのからだに副作用や負担を与えません。なので、赤ちゃんから高齢の方まで安心して受けていただくことができます。
本来備わっている体の機能に沿って“ASTの気”を掛けていきます。からだの中にある“回復しようとする力”が自然に活性化していきます。

2.「気」だからこそ実感する症状の緩和、改善の方向があります。
“ASTの気”で、何度も何度も、からだの機能が活性化していく方向に働きかけていきます。
それはリハビリテーションで行なうような、機能の再教育の考えと少し似ているかもしれません。例えば、曲げ伸ばしが不自由な腕を、繰り返しリハビリをするような感じです。
また、気だからこそ、何度も何度も体の機能の弱いところに気を掛けることができるのです。そして、それは薄皮をはがすが如くゆっくりと、また、からだに一切の負担をかけることなく、症状に変化が現れるようになります。症状が重い方ほど、それはゆっくりじんわりとやってきます。

3.「気」だからこそ、患者さんの症状に対して寄り添うことができます。
病気や症状を克服するということは、いわゆる病院で行なう専門的な“治療”を受けることで終わりではありません。
病気に対する正しい知識を身につけることや、健康でいるための衛生管理など、病気を克服するために為すべきことがあります。
それは、自身の身の周りのことだけでなく、家族の世話や介護のことであったり、精神的な要因まで含めて多角的な方面で、バランスよく統合されていなければならないと考えています。
その中の1つの要素として、“AST気功”をぜひ使ってほしいと考えています。
からだに負担ばかりかけることが、施療ではありません。
からだが安心して委ねることができるもの、そして、からだの力になるもの、それができるのが、AST気功です。
それこそが、“からだのトータルなケア”の力になってくれるものではないかと、私達は信じています。

AST大阪気功センター 佐野昌吾   佐野紀江