/ 1月 28, 2018/ 気功治療

 

インフルエンザの本格的な流行シーズンになりました。
インフルエンザの予防は手洗いとうがい敢行、そしてマスクの着用が基本です。
ところでなぜマスクの着用に効果があるのかご存知ですか?

理由の1つに、インフルエンザは湿度が嫌い!だからです。
インフルエンザウイルスは50~60%の湿度で生きられるのはわずか3%しかないという報告があります。
そうです。マスクを常用することで喉に適度な湿度を保ち、喉の乾燥から守るという効果があるのです。さらに定期的な水分補給(30分毎)をすると一層よい効果があります。

インフルエンザは湿度が嫌い|AST大阪気功治療センター

AST気功では、風邪やインフルエンザウイルス予防の対策として喉の表面の血流を上げるのがあります

これは喉に張り付いている細菌などを浸透圧で外に出す効果があります。丁度これはうがいと同じ効果があります。

ちょっと喉が怪しいなと思ったら、AST気功師はすぐに自己治療を行ない、予防します。
おかげさまで私達もこの10数年以上風邪やインフルエンザを引いたことがありません。

当気功センタ-の裏の公園にある『レオ』ちゃん(岡本太郎作)が雪化粧

関東の大寒波より数日遅れの27日土曜日に江坂に今年初の雪が降りました。
当気功センタ-の裏の公園にある『レオ』ちゃん(岡本太郎作)が雪化粧しました。

Facebooktwittergoogle_plusmail