Category Archives: 気功治療

“気のからだ”と“肉体”

“気のからだ”と“肉体”

AST気功は、ひと言で言うと“治療の気”を使って、病気によって生じたからだの中にあるマイナス成分を取り除く施療法です。 実際には、症状のある箇所に、施療用の布を(服の上から)置きます。その上をゆっくりと、手で撫でながら、治療の気を患部に送ります。 これにより、“治療の気”が患部にあるマイナス成分を押し出してくるのを体の表面から取り除いていきます。   気功師は、症状のある体の箇所を洋服の上から触れるのですが、“治療の気”は肉体を介して“気のからだ”に送られます。 病院で治療する対象は“肉体”ですが、ASTの対象となるのは、“気のからだ”、ということです。 ASTでは、“肉体”と“気のからだ”は重なりあって互いに作用し

Read More

AST気功は病院と併用するから安心

AST気功は病院と併用するから安心

最近、某出版社の方とお話する機会がありました。 AST気功には、『病院治療と併用する』というモットーがあります。 私達にとっては、ごく当たり前のことですが、そこにとても興味を持たれたようです。 というのも、初めてお問い合わせていただいた方に、開口一番、病院に行かれましたか?とか、病院に行かれていないなら、まずは病院で診察を受けて診断してもらってください、などと、説明される民間療法は、AST気功クリニック以外では、あまりないのではないでしょうか? 患者さん側にしたら、ちょっとした症状を、自宅近くの民間療法で楽にしてもらえるなら、それに越したことはありません。病院で診察を受けるまでに、長い時間待たなければならないことを考えたら、サ

Read More

行列のできる気功師

行列のできる気功師

体の汚れを取るために、毎日お風呂に入る。 そこで、一日の疲れを取り、体を癒すことができる。 気分転換や、リラックスもできる。 ASTの自己ケアは、そんなお風呂のようである。 右手から出る気で、気を体の不調の箇所に送り、体の調子を整える。 体の緊張している箇所、痛みのある箇所、凝っている箇所を見つけては せっせとケアする。 面白いもので、やり出すと止まらない。 ここも、そこも、あそこも、ついでにケアしておこう。 そんな気分になる。 実は、リラックス効果や気分転換を図るには、家族ケアの方がもっとよい。 やはり、自分でやるより、誰かにやってもらう方が、数十倍も気持ちがよいのである。 家族の誰かが、ASTをやれるとなると、 ―ちょっと

Read More

『念の為』の抗がん剤治療

『念の為』の抗がん剤治療

。。。。。。もう1ヶ月前になってしまいましたが、 2018年6月7日(木)毎日新聞の夕刊に、 『術後7割 抗がん剤不要』 早期乳がん 再発程度変わらず 米研究チーム という小さな見出しのニュースが載りました。 早期乳がんの方で、術後、再発の可能性の恐れが“低い”と判定された方だけでなく、“中等度”と判定された方でも、抗がん剤による化学療法は不要である。 ホルモン療法だけで十分だという報告でした。 このような判定を受けるのは、早期乳がん患者さんの7割をも占めるそうです。 今回の結果は、必ずしも再発の恐れが高くない場合でも、『念の為』ということで、化学療法を併用してきた従来の治療法の選択に、大いに役立つだろうと記されていました。

Read More

8月の集中ケアコース開催

8月の集中ケアコース開催

夏の元気を取り戻そう! 8月12日(日曜日) 体の集中ケア、開催します! あなたの体の芯のコリや辛い痛みや、ストレスを、 ASTの気で、 取れる実感を、味わってください。 手の優しさから、 本当のリラックスを、感じてください。 気の奥深さを、 心と体で、思い出してください。 あなたの中にある自然治癒力を、見つけるよい機会です。 人体には癒す力があることを、実感していただけたらと思います。 気楽にご参加ください。 日時:8月12日(日曜日) 会場:AST大阪気功センター 江坂本院 施療時間: (1)10時~11時 (2)11時10分~12時10分 (3)13時~14時 (4)14時10分~15時10分 *12時10分~12時50

Read More

7月の自己ケアコース開催

7月の自己ケアコース開催

 7月自己ケアコース開催のご案内 いよいよ京都では、祇園祭りムードが一気に漂い始めた頃でしょうか。その起源は、平安時代、京の町で大流行して、多くの死者を出した疾病を退散するために始まったとされています。 疾病退散するとは、面白い表現ですが、当時は、御霊信仰(ごりょうしんこう)の時代で、御霊の怒りを鎮めるために、『神泉苑』に鉾を立て、神輿を奉納し、儀式が行われたのです。 さて、こちら現在では、この7月に疾病退散させたいのは、細菌による食中毒や熱中症です。また、クーラーの冷え過ぎや冷たい物の取り過ぎで、体調を崩してしまうことも。7月は免疫強化と体温調整のために、自律神経系のバランスを図るケアを目指します。 皆様のご参加をお待ちして

Read More

瀕死の子猫ちゃんを救った遠隔

瀕死の子猫ちゃんを救った遠隔

瀕死の子猫ちゃんを救った遠隔 -子猫たちが除草剤を吸って瀕死の状態です。 なんとかしてやってくれませんか? 知り合いからのSOSがありました。 聞けば、家のすぐ裏にある畑の雑草を取るために、近所の方が除草剤を撒いたそうです。 ところが、そうとは知らずに子猫5匹が、その畑に紛れ込んで、除草剤を吸い込んだようです。 ヒィヒィとまさに泡を出して仰向けに倒れているのを家人が発見したとのこと。 さて、どうしたものか、と思いながら、 物は試しで、薬害除去の施療を、やってみようと思い立ちました。 AST気功は、人だけでなく、イヌやネコもよく効きます。 知り合いのASTの気功師は、自分の老犬のために気功を施療しました。 愛犬が、老いて股関節が

Read More

6月自己ケアコース開催のご案内

6月自己ケアコース開催のご案内

6月自己ケアコース開催のご案内 『梅子黄なり』と書いて、“うめのみきなり”と読みます。 新暦では少し早いですが、梅の実が熟して色づく頃を言います。 青梅から黄色に熟してきた梅の実を見かけると、梅酒に、梅干しと、梅ジュース、梅ジャムと、薬効から食卓にまで発揮する梅のパワーに改めて感激します。 入梅(にゅうばい)して、今日も雨がしとしと降っていますが、しっとりと濡れたアジサイやバラなどは、味わい深い魅力を一段と醸し出しています。 さて、今月の自己ケアは、夏に向けて、胃腸を整えていきたいと思います。 『第2の脳』といわれる腸、腸の調子はあなたの気分や行動が決めるとも言われています。腸の声を聞いてみると、また新しい発見があるかもしれま

Read More

認知症の遠隔-お母さん、そこはトイレではないよ。

認知症の遠隔-お母さん、そこはトイレではないよ。

認知症の遠隔-お母さん、そこはトイレではないよ。 認知症の母親を遠隔してほしいという依頼を受けたことがあります。 母親はすでに施設に入所していて、もはや親子として、会話することはできない。 ただ、自分を娘だということは認識しているようだ。 体を触ると嫌がり、服の着せ替えが難しい、などなど。 依頼者である娘さんによると、入所先での生活で、お母様にはいろいろ問題がありました。 その中で一番困っておられたのが、部屋のくず入れを、トイレと間違って用を足してしまうことでした。 それを遠隔で、なんとかならないでしょうか? 施設の職員さんにあまりにも申し訳がなくて。。。。と話される娘さん。 一般的に、ASTの認知症の施療は、次のような方針で

Read More

“遠隔の体験”を始めました!

“遠隔の体験”を始めました!

“遠隔の体験”を始めました! 気功と言えば、“遠隔”はつきものです。 少し気功をご存じの方なら、お問い合わせの時に必ず、 -遠隔をされていますか? と、お尋ねになられます。 はい、当センターは、もちろん遠隔施療を行なっています。 ただ、今までは、全く初めてという方の遠隔はお断りさせていただいていました。 というのも、お電話やメールだけでのご相談だけで、 ご依頼の施療を正確に請け負うことが難しいと判断していたからです。 ASTは、見えない“気”を手段として行なう施療です。 それでも、対面施療なら、お互いに面識した上で、 患者さんのお話を聞いて、 具体の悪いところを直接手で触れながら施療することができます。 ところが、遠隔では、患

Read More